. .

    
「世界の障害のある子どもたちの写真展」
プロジェクト

写真家名畑文巨はライフワークとしてプロジェクトを立ち上げ実行しています。
世界の障害のある子どもたちの取材と撮影を進めています。
    

●プロジェクトの概要    

イギリスでの撮影風景小さな子供の持っている前向きなエネルギーをテーマに、世界の障害のある子供たちを取材撮影し写真展を展開するプロジェクトを立ち上げ実行しています。すでに日本・英国、また、クラウドファンティングで一般から支援を募り、ミャンマー・南アフリカ共和国の取材を敢行し、2018年5月に第1回写真展「Positive Energies(ポジティブエナジーズ)」をダウン症のある人をテーマにする英国人写真家のリチャード・ベイリー、フィオナ・イーロン フィールドの2名とコラボレーションしてロンドンで開催しました。翌年以降も世界取材撮影は続行し、写真展は英国での実績をもとに2020年東京オリンピック・パラリンピックの応援プログラムとしての開催を目指します。
   

●写真展の目的

ダウン症のある女の子写真家名畑文巨は、小さな子供の持っている人の希望を与える前向きなエネルギーをテーマに作品を撮り続けてきました。偶然の出会いから障害のある小さな子供を撮影する機会の恵まれ、彼らにそのエネルギーの強いものがあることに気づきました。それらは人々の偏見を取り除いていける力のあるものであると考え、同時に多くの人の希望につながるものであるもではと思い、プロジェクトを立ち上げる動機になりました。英国を最初の開催地に選んだのは、英国の人々は障害者問題への意識が高く、生まれ持った障害は特別なものでなく「個性」と捉える文化があり、その英国でまず開催して評価を経てから日本に持ち帰るのが、日本で障害者の写真展をするのに最も効果的であると考えました。
    
写真展の目的は、障害者権利条約 (2006年国連総会採択、締結国は日本を含む世界160カ国)の第8条【障害者に関する社会全体(各家庭を含む。)の意識を向上させ、並びに障害者の権利及び尊厳に対する尊重を育成すること】に基づくものとし、人々の障害者への偏見をなくすことを目指します。
   
ミャンマーのダウン症の女の子障害者の写真展と言っても、作品は障害の部分ををクローズアップした撮り方をして見る人に同情をかうような見せ方ではなく、幸せ感のある写真作りを得意とする子供撮影スキルにより、ポジティブな生(生命力)のエネルギーを表現した写真を展示し、観る人に前向きな気持ちになっていただけるように構成します。同時に世界の文化・人種にかかわらず子どもたちは一様に前向きなエネルギーにあふれているということを伝えます。
   
  

作品はこちらで公開中!

コンテンツ

  
第1回写真展「ポジティブエナジーズ」
             ロンドン2018     
   
 
 
名畑 文巨・リチャード ベイリー・フィオナ イーロン-フィールド
      2018年5月16日(水)~21日(月)  ロンドン ギャラリーオクソ  

    

ダウン症の人たちのポジティブな生き方に感動...」(30代女性)

    

会場のGallery@Oxo(ギャラリーオクソ)

「美しい人々のなんて感動的で詩的な写真たちでしょう」5月16日~21日、私たちがロンドンで開催した「世界の障害のある子どもたちの写真展」プロジェクトの第1回「ポジティブエナジーズ」を訪れた人の言葉です。サウスバンクのギャラリーオクソに展示した作品群は、ダウン症の人たちと家族の生き生きとした姿を伝えています。
  
  
  
  
左からベイリー氏、私、イーロン氏です    
    私の仲間は、英国人写真家のリチャード・ベイリー、フィオナ・イーロン・フィールドの2人です。イーロン氏は出生前検査によりダウン症とわかったうえで産むことを決めた妊婦のポートレートを、私は日本、英国、ミャンマー、南アフリカ共和国など世界各国のエネルギーにあふれた子どもたちの写真を、ベイリー氏は成人して様々な職業につき自立している姿を撮影した作品を出展しました。妊娠・子ども・成人の展示構成で、ダウン症のある人の人生を表現したのです。
 
  

「展覧会で泣いたのは初めて…」(20代男性)

  
写真を見た多くの人たちが、思いを語ってくれました   
 6日間で、およそ800人の人たちが見に来てくれました。「展覧会で涙を流したのは初めてだ」「写真たちは幸せに満ちています。だからこそ展覧会を『Positive Energies』と呼ぶことにしたのですね」といったコメントがたくさん寄せられました。
その中でも印象的だったのは、妊娠中で出生前診断の結果を待っているところだという女性でした。彼女の言葉を紹介します。「結果がどうあれ産むつもりでしたが、この写真展に出会い、私の考えが間違っていなかったんだと確信しました」
    

    

写真展会場風景

モデルの女の子が日本から見に来てくれました

     

プロジェクトの進行の様子を紹介しました。
日本ミャンマー南アフリカ共和国英国
  

○スペシャルサンクス(謝辞)
プロジェクトをサポートしてくださった方々をご紹介しました
 

写真展「ポジティブエナジーズ」概要

 "Positive Energies" Exhibition2018
名畑 文巨・リチャード ベイリー・フィオナ イーロン-フィールド
2018年5月16日(水)〜21日(月)  オクソギャラリー  Gallery@OxoLinkIcon
ロンドン サウスバンク

 
写真展ポスター

主催

世界の障害のある子どもたちの写真展プロジェクト実行委員会
名畑文巨写真事務所
  

共催

シフティングパースペクティブ
Shifting Perspectives  紹介動画LinkIcon
  

後援

  在英国日本国大使館
  ジャパンソサエティ(日本協会)
   
       
   
公益財団法人日本ダウン症協会
英国ダウン症協会
ミャンマーダウン症協会
南アフリカダウン症協会
スマートインクルージョン研究会
  
                 
  
      

助成

グレイトブリテン・ササカワ財団
大和日英基金

    

        

協賛

特定非営利活動法人(NPO) 大阪USクラブ
   

推薦

内閣総理大臣夫人安倍昭恵様

  

●写真展の概要

名畑文巨、リチャード ベイリー、フィオナ イーロン フィールド、の3名の日本・英国人写真家により、ダウン症のある人をテーマにした写真展「Positive Energies」を開催しました。
 名畑文巨は「世界の障害のある子どもたち写真展プロジェクト」として、クラウドファンティン グで一般から支援を募り、日本・英国・ミャンマー・南アフリカ共和国などの世界の数カ国 を巡り撮影した、前向きなエネルギーに溢れた子どもたちの作品を展示。ベイリー氏は2005 年から13年まで、英国ダウン症協会主催で世界的に展開したダウン症の企画写真展 「Shifting Perspectives」を開催しており、その出展作品からダウン症のある人が成人して 様々な職業につき自立している姿の作品を展示。同じくメンバー のイーロン氏はダウン症とわかった上で産むと決めた妊婦のポートレートを展示。妊娠・子供・成人の展示構成で、ダウン症のある人の人生を表現しました。
   

●写真展の成果

6日間の展示期間で約800人の入場がありました。ダウン症のある人々の人生を表現した展示構成により多くの反響があり、来場者から「美しい人々のなんて感動的で詩的な写真たちでしょう。」「写真たちは幸せに満ちています。だからこそ展覧会をポジティブエナジーズと呼ぶことにしたのですね。」などの感激したとのコメントを多くいただきました。また、妊娠中で出生前診断の結果を待っているところだという女性からの、「結果がどうあれ産むつもりでしたが、この写真展に出会い、私の考えが間違っていなかったんだと確信しました」というコメントが、とても印象的でした。
   

●写真展の意義

数年前から胎児の染色体異常を調べる出生前診断が普及し、多くの妊婦が検査を受けるようになってきました。現在、胎児がダウン症とわかると英国では90%、日本では96%が堕胎を選択(出所 英国 : BBC 日本:毎日新聞)されます。お腹の赤ちゃんに障害があると分かった妊婦や家族は、赤ちゃんを家族に迎い入れるか否かという難しい選択に直面するという現実があります。そのような中で、新しい生命をめぐる思索の選択肢の一つとして、ポジティブなエネルギーに溢れた世界の子どもたちの写真や、成長して自立した姿を展示することで、前向きな情報としてとらえてもらえてもらえればと思っています。 

    

写真展関連イベント

ジャパンソサエティ シンポジウム(ロンドン)


Positive Energies: Social inclusion of children with disabilities.
A talk with parents, teachers and photographers.
日時:2018年5月17日
会場:The Swedenborg Society
主催:ジャパンソサエティ(日本協会)
写真展参加写真家、療育の先生、障害のある子どもを育てる親らによる。障害のある子どもたちの教育から社会との関わりについてをテーマに講演を行いました。
The Japan SocietyLinkIcon

  
○会場風景
 


  

ロンドン写真展プレイベント(大阪)

共に生き、幸せに暮らしていける社会へ」
     〜ダウン症と社会との関わり〜

日時:2018年3月18日(日) 午後2時~4時
場所:阿倍野市民学習センター
主催:特定非営利活動法人(NPO) 大阪USクラブ 
後援:公益財団法人日本ダウン症協会
  
  
●パネルディスカッション・コーディネーター 

  平井万里子(日本ダウン症協会奈良 北支部長)・パネリスト
  竹村和浩     (スマートインクルージョン研究会代表)
  植田紀美子(大阪母子医療センター 臨床研究支援室長/遺伝診療科副部長)
  名畑文巨 
●講演A:竹村和浩「スマート・インクルージョンという発想 」
●講演B:名畑文巨  写真展「ポジティブエナジーズ」の目指す社会 
   
  詳しくはこちら

   
○会場風景

プロジェクトが紹介されました

新聞

  
朝日新聞 2018年6月20日産経新聞2018年6月19日産経新聞2018年5月14日 共同通信配信2018年6月20日〜26日

読売新聞2018年3月8日日本経済新聞2017年7月27日  

Webニュース記事

   
読売オンライン YomiDr. 2018年6月4日 産経WEST 2018年6月25日 朝日新聞デジタル2018年7月3日


TVニュース 


関西テレビ「報道ランナー」2018年3月20日 

冊子

  
日本ダウン症協会会報 JDSニュース2018年7月号 日本知的障害者福祉協会会報 さぽーと 2018年1月号 日本ダウン症協会会報 JDSニュース2017年12月号 日本ダウン症協会会報 JDSニュース2017年1月号

  
ご支援をお願いします!
                
「世界の障害のある子供たちの写真展プロジェクト」は
皆様の暖かい応援によって支えられています。
"共に生きる、幸せに暮らせる社会”を作っていくために、
ご支援・協賛をお願いいたします。
  
  現在までのご支援・協賛・助成金額
¥2,837,412
(2018年4月23日現在)
  
ご支援・協賛のお問い合わせはこちらまで
「世界の障害のある子ども達の写真展プロジェクト」実行委員会事務局
  

プロジェクトにご支援いただいた方々

 世界の障害のある子どもたちの写真展プロジェクトは、
たくさんの方々の温かい応援により実行しています。
ご支援。協賛いただいた方々・団体の皆様をご紹介します。

    
◎クラウドファンティング プロジェクト
2017年7月 世界の障害のある子どもたちの撮影のため南アフリカに行きたい!
生駒敏幸 上野理恵 臼田宏 近江武夫 太田真弓
大谷誠 春日涼子 片山智士 加藤修 上原恵
川口久美子 菅靖子 菊池里江 木山一郎 佐藤裕子
澤田憲 澤村典子 高橋晶子 竹田彩子 竹村和浩
田中美智子 成澤弘之 西久保敏也 西本静香 畑中明子
ハリソンのどか 藤本美智子 町井麻紀 溝口徳雄 吉田淳  
(敬称略・五十音順)
 
2016年7月世界の障害のある子どもたちの撮影でミャンマーに行きたい!
秋山眞一 生駒敏幸 板垣佳奈子 市川亨 岩本聖子
内海智子  大谷誠 片山智士  加藤修 上原恵
菅伸子 岸本保夫 城所美恵子 京谷朋子 窪田みゆき
佐々木和子 佐藤壽一 座間味宗貴 澤村典子 鈴木真己子
大徳和人 武田美法 谷井進 寺倉道生 富岡智子
長瀬修 南部光彦 西久保敏也 拝郷万理 林真さよ
平井万里子 藤江もと子 藤岡郁子 松下哲雄 溝口徳雄
宮里秀和 守屋市朗 森安英憲 吉崎裕一 若松修
(敬称略・五十音順)  
 
個人支援
坪井聡一郎
(敬称略)
 
◎NPO
特定非営利法人大阪USクラブ
理事長 池内嘉正(ゴルフジャーナリスト)
理 事 金城博子(株式会社東大阪ゴルフセンター代表取締役)
    佐藤吉一(株式会社吉商代表取締役)今中浩司(今中法律税務事務所 弁護士)
      谷元義継 西村恭子 山田浩史
会 計 古谷守夫(古谷会計事務所 税理士)
監 事 大木正雄(医療法人愛環会大木歯科診療所 歯科医師)
 (敬称略)
         

   

プロジェクトの進捗

2013.  2:英国出張の際に障害者支援活動家のDavid Towell氏との偶然の出会いが障害児撮影のきっかけになる。
2014.  3:京都府の療育センターの紹介により5歳のダウン症の女の子を撮影。
     そのポジティブなエネルギーに衝撃を受ける
2014.  3:東京青山で開催の写真展「ダウン症 家族のまなざし – Shifting Perspectives -」にて、
               写真家リチャードベイリー氏と出会う。
2014.  4:京都府でダウン症、広汎性発達障害の子ども各2名を撮影
2014.  7:「世界の障害のある子どもたちの写真展プロジェクト」を立ち上げる
2014.10:英国バースで、大手百貨店の子供モデルになり有名になった5歳のダウン症の男の子を撮影
2016.  9:ミャンマー取材敢行
      (協力:ミャンマーダウン症協会 費用はクラウドファンティングで公募)
2016.  9:渡英、写真展会場としてロンドン市内の教会を交渉。リチャード・ベイリー氏と
               コラボレーションが決まる。ジャパンソサエティ(日本協会)の後援決定
2017.  4:ロンドン写真展メンバーに、ダウン症の赤ちゃんを産むと決めた妊婦の作品を撮る、
               フィオナ・イーロン-フィールド氏が参加。「妊婦~世界の子ども~自立した成人」の
               ダウン症の人生を表現するという写真展のコンセプトが決まる。
2017.  6:会場をギャラリーオクソ(ロンドン・サウスバンク)に変更
2017.  7:日本経済新聞文化欄に掲載
2017.  9:南アフリカ共和国取材敢行

                 (協力:南アフリカダウン症協会 クラウドファンティングで資金公募) 
2017.10:YomiDr.(読売新聞 医療・介護サイト)にプロジェクトの作品連載 
2017.11:ロンドン写真展について、グレイトブリテン・ササカワ財団、大和日英基金の助成決定 
2017.12:公益財団法人日本ダウン症協会会報に南アフリカ取材記寄稿 
2017.12:公益財団法人日本知的障害者福祉協会の会報誌に寄稿
2018.  1:ロンドン写真展について、在英国日本国大使館の後援決定
2018.  1:関西テレビ報道番組 報道ランナーによる密着取材開始 

2018.  1:内閣総理大臣夫人安倍昭恵様よりロンドン写真展の推薦文を拝受
2018.  2:ロンドン写真展について、公益財団法人日本ダウン症協会の後援決定
2018.  3:ロンドン写真展プレイベント パネルディスカッション・講演会開催  (大阪市)

               「共に生き、幸せに暮らしていける社会へ ~ダウン症と社会との関わり~」
2018.  3:関西テレビ【報道ランナー】特集「伝えたい笑顔の力・ダウン症を撮る写真家」
2018.  5 : ロンドン、OXOギャラリーにて、写真展「Positive Energies」開催 
2018.  5:ロンドン写真展イベント ジャパンソサエティ主催シンポジウム(ロンドン)
       Positive Energies: social inclusion of children with disabilities."
                      A talk with parents, teachers and photographers

障害者支援活動家のDavid Towell氏(2013.2ロンドン)初めてのダウン症児の撮影(2014.3京都府)リチャードベイリー氏との出会い(2014.3東京)英国でのダウン症の男の子を撮影(2014.11 バース)ベイリー氏とコラボレーションが決まる (2014.11ロンドン)日本でのダウン症児の撮影を進める(2016.4大阪府)ミャンマー撮影敢行(2016.9ミャンマーダウン症協会にて ヤンゴン)ミャンマー撮影敢行(2016.9 ヤンゴン)南アフリカ撮影敢行(2017.9南アフリカダウン症協会にて プレトリア)南アフリカ撮影敢行 (2017.9プレトリア)写真展メンバーにイーロンフィールド氏が参加 (2017.9ロンドン)写真展会場のOxoギャラリーを正式予約 (2017.9ロンドン)関西テレビ「報道ランナー」密着取材開始 (2018.1〜3)写真展「ポジティブエバジーズ」プレイベントとしてシンポジウム開催(2018.3大阪市)写真展「ポジティブエバジーズ」開催!(2018.5ロンドン)写真展「ポジティブエバジーズ」関連イベントとしてシンポジウム開催 (2018.5ロンドン)

トピックス

作品連載中です

YomiDr.連載

2017.12.20

読売新聞社Yomiuri Onlineの、医療・健康・介護サイト「YomiDr」のコラムいのちは輝く〜障害・病気と生きる子どもたちLinkIcon挿入写真として「世界の障害のある子どもたち」プロジェクトの作品が掲載されています。撮影の際に感じたエピソードも書きました。

助成 

財団の助成が決まりました!

2017年11月27日

ロンドン写真展について、 日英交流を目的とする、グレイトブリテン・ササカワ財団と、大和日英基金に助成申請を行っていましたが、2017年11月に両方の財団とも助成申請が採用となり、助成金の授与が決まり、写真展プロジェクトの実行資金に充てることができました。財団に採用されたということは、プロジェクトが社会的に意義のあるということだと認められたようでとても嬉しく思いました。
  

ロンドンギャラリー 

Gallery@OXO

2017年11月27日

南アフリカ取材後、2017年9月25日よりロンドンに立ち寄り、ギャラリーの予約とコラボレーションする英国人写真からと打ち合わせをしてきました。2018年5月16日〜21日にロンドン・サウスバンクのGallery@OXOにて、写真展"Positive Energies"を開催します!

ギャラリーのあるOxo TawerGallery@OXO写真家リチャード ベイリーさんとフィオナ イーロン フィールドさんと

取材撮影 第2弾 

南アフリカ South Africa

2017年11月27日

2017年9月19日~24日に取材撮影第2弾として南アフリカに行ってきました。
DSSA(南アフリカダウン症協会)に交渉をして、モデルになってもらえるダウン症のある子どもたちを紹介いただき、白人2組、黒人2組のダウン症のある赤ちゃん・子どもたちをそれぞれのご自宅に伺い撮影してきました。

南アフリカダウン症協会プレトリア支部南アフリカダウン症協会にて撮影モデルの方々と撮影風景

撮影風景モデルのご家族と南アフリカダウン症協会の会長と

クラウドファンティング プロジェクト達成しました!

プロジェクト名「○世界の障害のある子どもたちの撮影のため南アフリカに行きたい!

2017年8月5日


2017年6月19日より南アフリカ撮影取材費についてクラウドファンティング"Readyfor"にて支援公募を行い7月31日に終了いたしました。目標額¥400,000に対し¥475,400の支援が集まり、目標額を118%達成、無事終了いたしました。
前回に引き続きご支援いただいた方々や、今回新たに関心を持っていただきご支援いただいた方々、今まで撮影してきた子供モデルの保護者の方々からもご支援いただいたり、また、日経新聞に紹介され掲載された記事からわざわざ探してきていただいてご支援いただいたりと、たくさんの方々からのご支援と励ましのメッセージをいただきとても嬉しかったです。また、facebookを通じて多くのシェアをして情報拡散をしていただいたり、個人的にメッセージで多数の方に直接の支援依頼をしていただいたりとご協力もいただき、本当に心より感謝いたします。ありがとうございました。  

世界撮影第2弾 南アフリカプロジェクト始動!

 クラウドファンティング支援募集中です!

2017年7月3日

世界取材第2弾として、本年9月に南アフリカヨハネスブルクで取材撮影を行うことになりました。昨年のミャンマー取材以降南アフリカダウン症協会に交渉を重ね、この度撮影対象になる小さな子供たちの紹介について協力いただけるようになり実現できることになりました。そのための渡航費について、クラウドファンティングReadyforにて支援募集中です。どうか皆様の温かいご支援をよろしくお願い致します!
 

7月31日に達成しました!ご支援ありがとうございました!

取材撮影 Vo.l 1

ミャンマー Myanmar

2016年9月24日

2016年9月14日~21日に取材撮影第1弾としてミャンマーに行ってきました。MDSA(ミャンマーダウン症協会)にご協力をいただき、3組のダウン症のある赤ちゃん・子どもたちを撮影してきました。それぞれのご自宅に伺いましたが、ミャンマーは3世代4世代の同居が普通で、子どもは大家族みんなに見守られながら大事に育てられているという印象を受けました。またミャンマーは客人を丁重にもてなす国民性のようで、MDSAを始め、モデルの方々のご家庭に伺ってもとても歓迎していただき、「おもてなし」の気持ちは日本より高いのではと感じました。この国はとても魅力的な国です。
MDSAの方々

クラウドファンティング プロジェクト達成しました!

○プロジェクト名「世界の障害のある子どもたちの撮影でミャンマーに行きたい!」

2016年7月31日


2016年5月27日より、ミャンマー撮影取材費について支援公募を行い、7月29日に終了いたしました。
目標額¥610,000に対し¥619,000の支援が集まり、目標額を100%達成、無事終了いたしました。たくさんの方々からのご支援及び、励ましのメッセージをいただき、また、facebookを通じて多くのシェアをして情報拡散をしていただいたり、個人的にメッセージで多数の方に直接の支援依頼をしていただいたりと、応援していただいた方々に本当に心より感謝いたします。ありがとうございました。
 


プロジェクトにご協力いただける方ご連絡ください!

このプロジェクトは皆様のご支援。ご協力によっって成り立っています。
手伝っていただける方や、ご協力いただける方是非ともご連絡ください。

  • 東南アジア、南米、アフリカ方面の事情に詳しい方や情報をご存知の方。
  • 英語やスペイン語の通訳をしていただける方
  • アシスタントをしていただける方。
  • 上記の地区にいる障害のある子を知っている!

などなど、ご協力いただける方はこちらまでご連絡を!